free ໒꒱· ゚

自分の記録.*・゚

最後の山はどこ?

 

この1週間、最後の山はどこにするかを考えていました。

 

と言っても、今年最後の、ではなく、カレッジの課題のラストの山として、です。

 

私のイメージに湧いてくるのはいくつかあって。でも、登ったことない山がいいんだけど(見たことない景色に感動するし、知らない道はわくわく感がアップ、テンションアップ)、

行ってみても好みの山じゃなかったら不発に終わりそうなので。

普段なら、そんなに思わないけど、締め括りの山だもんね✩

一人で登るから、道とか初めてだし、行ってみてなんか違ってたら日程的にも間に合わなくなるからね。どうしよっかなって。

 

 

こういう時、わたしは決められないと言うより、決めたくなくて、わざと追い込むような、放置なような、様子を見る癖があり

 

ギリギリの私が何を選択するのか、見てる。

最後に閃く感覚とか。

横に置いてわざと忘れて、それでも浮かんでくる情報とか。

 

そろそろ、パターン読んで応用したいところ。

 

 

さて、明日って言っても、もう今日だよ。

数時間睡眠だよ。早く寝なきゃ。

 

さて、寝る前に聞いてみよう。

私が登る山のビジョンを。

 


f:id:earth8888nana:20170819004015j:image


自分を見てる自分  を見る視点。

自分を受け入れるということ、ちょっとわかってきた。

今のまんまの自分を、そのまんま、

どんまいっって言える今(笑)

 

明日の山登り、楽しみだな。

 

 

いつもありがとう

おやすみなさい

 

 

 

 

 

おまけ

はてなブログを使いこなせない✩

スマホ入力とPC入力の違いか?

私より後からやってるSちゃんが、もう使いこなしてるのをみると

Oh✩(゚ロ゚)wow。。。

 

未だ、色の変換も出来ないし、YouTubeも貼り付け方を知らない。アナログ的なワタシにも簡単な入力方法あればいいなぁ

単純にPCじゃないからか?

 



f:id:earth8888nana:20170819004844j:image
さて、明日はどこ行こう。

おやすみなさい

 

純粋に 喜びを感じたい

そんな山に行こう

 

 

 

広告を非表示にする

8月は・・・

 

なんて展開だ!!

 

とにかく、1日から、流れに乗っているのを感じてる。あのメールが届いて、電話をかけたあの時から。

 

主には、息子の治療のこと。

やっと、やっと、治せる人を見つけたかもしれない。

 

(でも、まぁ、落ち着け。まだ治った訳じゃない。可能性が高い人が見つかっただけ。これまでにも、それはあったけど、違ってた。今度はどうだ?手応えがある・・・。かけてみたい。これがラストチャンスかもしれない・・・)

 

心境としては、↑こんな感じ。

 

でも、かなり、ひどい状態だと言われた。

そして、この前まで通っていた治療所の治療がまずかった。。。

息子の体感としてもそれがあって、転院を決めたのだけど。

 

問い合わせして、よかったぁ( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)

 

 

今度こそ。

 

 

今度こそ。

 

 

 

 

8月は、手応えを感じてる。

治る。必ず治してみせる。

 

長時間 往復の運転なんて、回復の喜びに比べたら何でもない、容易いこと。

時間もお金もいろんなエネルギーも、ここに注いできたなぁ。。。

 

 

今度こそ。

 

 

喜びに繋げる。

 

 

絶対に。

 

 


f:id:earth8888nana:20170816231007j:image

 

広告を非表示にする

広がる青空と・・・

 

 

 


f:id:earth8888nana:20170815180829j:image

 

そういう時は、心にいつかの登山を思い出す。

いつでもあの波動に、一瞬で立ち戻れる。

あの心地よさを 取り戻す。

 

私は自分で自分をコントロールする。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

大地に大きく根を張る

 

K市に、自分の運転で往復したあの日。

私からすれば、結構ドキドキの1日だった。

往復10時間以上かけて、日帰り、一人で運転する、不慣れな都会の道を✩

 

でも、やり遂げると、不思議な達成感になり、次はもう少し余裕を持ってやれるという自信になる。

 

直感に従って、突然決めた。勇気をだして良かった。息子の体調は、ほんの少し、回復の傾向にある。

この前まで行っていた、K市より更に遠いN市には、あのままずっと通っていたら、逆にどうなっていたかわからない。ある意味、恐怖さえ、今となっては感じている。

まぁ、あそこで得られた知識もあるのだけど・・・副作用もあった、というところ。

 

 

夏休み、息子とのバランスを工夫する。 

罪悪感ではなく、工夫する。

 

「なんのためにやっているのか」

この言葉が いつも胸に迫る。

 

自分の軸をもっと感じて腑に落とす。

いろんな気持ちと折り合いをつける。

 

罪悪感は、ある程度区切りをつけた。

罪悪感にもいろんな種類がある(笑)

でも、ある程度、区切りをつけた。

 

自己犠牲の感覚はどうだろう。

これはもう、無意識の領域に染み付いていて、いわば癖のようなものになっている。

無意識の領域、量子エネルギーを動かす。

 

私は、私の置かれた場所で、大地に、地球に大きな根を張るイメージをする。

 


f:id:earth8888nana:20170811202646j:image

剣山  キレンゲショウマ


f:id:earth8888nana:20170811202711j:image

 

 

 

ジェネシス

 

8月10日にジェネシスを受けたのだけど。

私の希望で、ハートに意識しつつ、高次に展開を任せるかたちでお願いした。

後で知ったけど、8月10日はハートの日。

ちょっと嬉しい流れ。

 

 

ジェネシスについては、内容はまた(書くかも??)として、受けた感想をまずは書いてみたいと思う。

 

 

簡単に、一言で言うと、以前、あまりさんから受けたレムトラの、ユグドラシルとホワイトエンジェル・・・

あの時に言われたことと重なっていた・・・

というか、ほぼ 同じ。

 

 

高次自然界の存在として、献身的な自己犠牲のもとに地球を創世してきたグループソウル。

私は、そういう魂のグループにいると。

自己犠牲の感覚、消えない刹那的な感覚はこの頃の記憶もあるのだろう。

どんなに尽くしても地球はどこへ向かっているのだろう、という先の見えない切なさとかもあるらしい。

なんか、わかるなぁ。

 

あまりさんのレムトラで、ユグドラシルでそれが出て、ホワイトエンジェルに施術されて大きな傷や痛みは修復されたらしいのだけど、

 

未だにこれがある、これが引っかかる。

ハートチャクラの癒しも、今回、アルクトゥルスのGATがメカニックな光線で修復してくれ、ラジエルさんは白煙で懸命に癒してくれていたらしいけれど。。

 

3次元地球で生きるうえで、引っかかる感覚がある。

ハートチャクラが麻痺したように鈍っだ感覚があるのは、このまだヒューマノイドになる前の半エーテル体のような頃からの、尽くしても報われない悲しみがあったからのよう。

 

レムトラで終わらず今回もまた、同じことを言われている感覚。

私の魂の問題としてだけでなく、グループソウルの悲しみやカルマを終わらせたいタイミングなのだと思うのだけど、さて、どのように乗り越えていくのか✩

 

日々、ハートチャクラにフォーカスしている。

 

 

カレッジの課題の内容として、思わず登山を言ってしまったけど、大いに意味があったと言うことが、ジェネシスを受けてわかった。

 

この、地球創世の頃の高次自然界の時の記憶を、自然界と深く繋がっていくことで、解けていくものもあるのだと思う。

 

明日は、石鎚山・・・

ライオンゲートは13日くらいまでは開いてるとか。ぎりぎりセーフなタイミング、嬉しい♪

 


f:id:earth8888nana:20170811180249j:image

 ↑先日の剣山から見下ろす景色

 

 

 

広告を非表示にする

ハイヤーに聞いてみた(memo)

 

 

ハイヤーになるワークで、あることについて聞いてみた。メモ的に記録。

 

 

φ(..)メモメモ

 

 

高い波のなかで小波が立っても、大して振られないように、あのことに関する出来事など、大した問題ではないと言うことだ。

 

 

そして、険しい道だろうと平坦な道だろうと、難なく進んでいくことに変わりはない。

それさえも、大した問題ではない。

 

 



f:id:earth8888nana:20170811173148j:image
あまりさんとこで買った

ラディアンスジャスパー

お皿は私が焼いた♡

 

 

 

 

そう聞くと、

問題は問題でなくなる・・・

|ωΦ)フフフ…

 

 

剣山②~木々の緑~

 



f:id:earth8888nana:20170807192037j:image
登山道

所々に大きな岩盤

 


f:id:earth8888nana:20170807192110j:image

 キレンゲショウマ

 


f:id:earth8888nana:20170807192010j:image

 途中 遠くを臨む

 


f:id:earth8888nana:20170807192147j:image

 今回、知らずに行ったタイミング。

キレンゲショウマの見頃を迎えていて、遠方からキレンゲショウマを見る登山ツアーのバスまで来ていた。

キレンゲショウマ、可憐で素敵だった。

思わぬご褒美的に。



f:id:earth8888nana:20170807192248j:image
雫に 光射す・・・

 
f:id:earth8888nana:20170807192344j:image
苔むしてジブリもののけの世界・・・

 


f:id:earth8888nana:20170807192409j:image

 岩盤の上にBIGサイズの木の株が・・・

なんたる融合。見とれる

 


f:id:earth8888nana:20170807192513j:image

深い・・・  腐海・・・

 



f:id:earth8888nana:20170807193117j:image

こういう緑と木のコントラストを見ると、ついシャッターを切ってしまう。


f:id:earth8888nana:20170807193138j:image

 

 


f:id:earth8888nana:20170807193221j:image

 次郎笈山頂から・・・


f:id:earth8888nana:20170807193204j:image

 剣山山頂・・・

 

 

自分の感覚を信じて歩く。登山ルートは ハートと足に聞く。

行き当たりばったりで 行きたいルートを選びながら歩き続けた6時間半は、あっという間に終わった。

 

結果とても楽しく。時間が足りないくらい。

一人で歩く山の、なんと楽しいことか。

こうやって、一人で歩ける山を増やしていきたい。

 

カレッジの課題として選んだ今回。人が多すぎて自分に入り込めなかったが、それでもまずまずの感覚を得ながらのスタートになったと思う。

 

何よりも、単純に楽しかったので、よし!!

( 'ω')و ̑

 

 

 

広告を非表示にする