free ໒꒱· ゚

自分の記録.*・゚

忘却の・・・

 

 

夏至の朝、声がした。

目覚める瞬間、肉体意識に戻る頃に。

 

 

「これからもっと夢を見るから

    もっと覚えておくように。」

 

 

 

そう、その男の声に

言われた通り、

 

(あれ以来10数年の間、)

ほとんど夢を見る機会は減っていたのに

立て続けに夢を見る。

 

 

 

でも、雑多な夢・・・なんだ。

内容がわからないから、覚えられない。

そのうちに忘却の魔法で消えていく。

目覚めた瞬間は

もう少し、残っているのに

本当に瞬間の余韻だけだ。

 

 

 

 

いや、まてよ。

もしかしたら、

パラレルな私の視点かも

しれない・・・

 

とも、直後に感じた。

 

 

とはいえ、覚えておくことができない

記憶に残るのは 残像、余韻だけ。

 

覚えておくように、と言われたことくらい

覚えておきたいよなぁ、と思う。

内容がもう少しわかればなぁ。

 

潜在意識をコントロールしたい。

 

私に何ができるか

わからないけど、

 

 

これだけは、っていう・・・

死ぬまでに乗り越えたいことが

あるんだ。