free ໒꒱· ゚

自分の記録.*・゚

ジェネシス

 

8月10日にジェネシスを受けたのだけど。

私の希望で、ハートに意識しつつ、高次に展開を任せるかたちでお願いした。

後で知ったけど、8月10日はハートの日。

ちょっと嬉しい流れ。

 

 

ジェネシスについては、内容はまた(書くかも??)として、受けた感想をまずは書いてみたいと思う。

 

 

簡単に、一言で言うと、以前、あまりさんから受けたレムトラの、ユグドラシルとホワイトエンジェル・・・

あの時に言われたことと重なっていた・・・

というか、ほぼ 同じ。

 

 

高次自然界の存在として、献身的な自己犠牲のもとに地球を創世してきたグループソウル。

私は、そういう魂のグループにいると。

自己犠牲の感覚、消えない刹那的な感覚はこの頃の記憶もあるのだろう。

どんなに尽くしても地球はどこへ向かっているのだろう、という先の見えない切なさとかもあるらしい。

なんか、わかるなぁ。

 

あまりさんのレムトラで、ユグドラシルでそれが出て、ホワイトエンジェルに施術されて大きな傷や痛みは修復されたらしいのだけど、

 

未だにこれがある、これが引っかかる。

ハートチャクラの癒しも、今回、アルクトゥルスのGATがメカニックな光線で修復してくれ、ラジエルさんは白煙で懸命に癒してくれていたらしいけれど。。

 

3次元地球で生きるうえで、引っかかる感覚がある。

ハートチャクラが麻痺したように鈍っだ感覚があるのは、このまだヒューマノイドになる前の半エーテル体のような頃からの、尽くしても報われない悲しみがあったからのよう。

 

レムトラで終わらず今回もまた、同じことを言われている感覚。

私の魂の問題としてだけでなく、グループソウルの悲しみやカルマを終わらせたいタイミングなのだと思うのだけど、さて、どのように乗り越えていくのか✩

 

日々、ハートチャクラにフォーカスしている。

 

 

カレッジの課題の内容として、思わず登山を言ってしまったけど、大いに意味があったと言うことが、ジェネシスを受けてわかった。

 

この、地球創世の頃の高次自然界の時の記憶を、自然界と深く繋がっていくことで、解けていくものもあるのだと思う。

 

明日は、石鎚山・・・

ライオンゲートは13日くらいまでは開いてるとか。ぎりぎりセーフなタイミング、嬉しい♪

 


f:id:earth8888nana:20170811180249j:image

 ↑先日の剣山から見下ろす景色