free ໒꒱· ゚

自分の記録.*・゚

分岐点を右へ。

 

 

 

あの辺りの山へ登ることは、わかっていた。

あとは、分岐をどちらに進むか、だった。

 

結果として、右を選んだ訳だが、それがまた、とてもとても 正解だった(笑)!!

 


f:id:earth8888nana:20170821021611j:image

 

とても楽しかったし、一期一会の出会いも、笑いもたくさんあった。

優しいおじさんに、良くしてもらった。

 

この山の登山口へ向かうために、一人車を運転しながら、どっちを選ぶか感じていた時、

ビジョンでは、私は右を選んだ。

2回目、みても、右を選んだ。

 

願望か?とか、疑ってもみる。

が、そこは自己信頼の部分だろうと思い直す。そうしながらも、実際には 登山しながら本当に分岐にさしかかるまでは、どちらに登るか まだ決めていなかった。

 

分岐点で、出会った人に声をかけ、いろいろ聞きながら、お互い笑った。

それなら、やっぱり右だろう、みたいな話になり。右を選択して進む。

 

あー、ビジョンの通りになった、と感じながら。


f:id:earth8888nana:20170821021632j:image

 

めちゃめちゃ歩いた!!

くたくたになるまで歩いてみたかったが、この山のアップダウンはなかなかのものだった。

手前の山頂で、ゴールとすればもっと簡単だが、それでは物足りないので、更に向こうの山頂を目指して縦走したのだが、

 

いっこめの山の山頂までは、ロープや梯子のぶぷんもありつつ、それなりに楽しく。

次の山頂までのコースはなかなか足元が危うい場所も見えにくい場所もあり、そしてアップダウンが激しいと来てて、その上、行きも帰りもニョロに会う。

龍のサポートかしら?なんて思いつつ、ニョロさんのおしっぽが草むらに消えてくのが

めちゃキュート♡(//∇//)

 


f:id:earth8888nana:20170821022737j:image

 

今回は、アップダウンも多いし、疲れてくる頃の道がだんだん大変な道になってくる。

バランスを崩したら危険な場所も多く、ロープもあるが気が抜けない感じで体力勝負なので、

途中で「引き返すか?」なんて、少しだけひるむ。

 

だけど、

 

ここでひるんだら、この先がみえないじゃないか!って気持ちで、歩みは止めず、進み続けた。

 

山頂へたどり着くと、小さな祠に不動尊石鎚神社が。あー、お導きかなぁ、なんて。

正解って言われた気が、今になって、これを書きながら強まってきた(笑)

 


f:id:earth8888nana:20170821022758j:image

 楽しかったなぁ。

体はクタクタだけど。

 

爽快感。達成感。

 

ありがとう。