free ໒꒱· ゚

自分の記録.*・゚

悲しみはいつも胸に・・・ ~過去生の記憶~


いつかくるとは思っていたけれど、アトランティスの過去生を紐解くタイミングがきた。春からの流れが、まるで伏線を張っていたかのようにさえ思える。





・・・・・・・・・・・・・・・




昨日、T さんの2回目のセッション。
1回目も ちゃんと書けてないまま、このブログでも 「凄かった」 くらいしか伝えてない気がするが・・・。


薄々わかっていた、というか 感じていた私のハートの影とズレ。
その要因のひとつとなる、アトランティスの過去生の自分について、セッションでは紐解いていった。


とても、濃く。




***************






当時、私は アトランティスでクリスタル工学を研究していた。


クリスタルへの思いは強く、そしてクリスタルへの知識や技術もかなりのものだった。

クリスタル工学を用いた研究は成功し、アトランティスは繁栄する。
しかし、それとは裏腹に、栄華と共に 自分たちの技術への自信が慢心に変わっていき、次第にクリスタルに黒い影が出来始める・・・


気づいた時にはすでに遅く、クリスタルは爆発し、地殻変動も起こり、アトランティスは沈んでゆく。


私は、うっすらと 感覚的に断片的に、記憶があり、そこにフォーカスすると、胸に張り裂けそうなくらいの悲しみが いつも湧き上がっていた。








サカナクション / ネイティブダンサー - YouTube



この悲しみはひとつではなく、いくつかの過去生の記憶が連動する。
決まって男性の時の過去生に、その消えない悲しみの記憶があるのも共通している。(男性性の癒しは今後もテーマのひとつ)


この曲を聴くと、その気持ちといつもリンクして、胸が張り裂けそうに切なくなる。
初めて聴いた時は、本当に泣いた。
今は、随分 癒しが進んだのか、泣くまでにはならないけれど。




***************






クリスタルは人の感情に対する伝導率がとても高いということを見落としていた。
希望を持って研究している時はいいが、それが完成して慢心に変わる時、クリスタルは予期せぬ変化を遂げていったのだ。


過去生の私のクリスタルへの思い、アトランティスへの思い、仲間や人々への思い。


私は、クリスタルとともに、アトランティスとともに沈むことを決めた・・・




・・・・・・・・・・・・・・・





この後、更に深い展開へ・・・






続きは、また!^^*






f:id:earth8888nana:20171025170813j:plain

今朝の快晴・・・青が最高!!