rainbow earth garden ~光の庭~ free ໒꒱· ゚ 

みんな光そのもの・毎瞬新しい自分へ//【レイキ伝授】ウスイレイキ・カルナレイキ・ライタリアンレイキ・ライタリアンレイ・スピリットレイキ//【レイキティーチャー講座】ウスイレイキティーチャーコース・カルナレイキティーチャーコース//【遠隔自動ヒーリングセッション~coloful gardenヒーリング~】/メロディ♪クリスタルヒーリング//

続・光の子② ~弱さを強みに変えるとき~

 

 

今回は、先日アップした「続・光の子①~あれから~」の続きです。

続・光の子① ~ あれから~ 【追記あり】 - rainbow earth garden ~光の庭~ free ໒꒱· ゚

 

♪。.:*・゜

 


f:id:earth8888nana:20180424234136j:image

 

前記事を書いていて思ったのは、私自身もエネルギー的には とても「繊細」でした。

いつか、自分がレイキ伝授を受けるまでの体調やエピソードも書くタイミングがきたら書こうと思っていたので、少し触れてみますね。

 

今では、エンパスという言葉がずいぶん広まってきましたが、当時はそんな認識もたいしてなく、当時の言葉としては「敏感体質」とか「繊細」って感じでしょうか。

私は、若い頃から「なんだか知らないけど疲れやすい」「人混みがつらい」と感じていて、その感覚は高校生くらいから次第に増してきました。

そして更に、子供を出産してからは、かなり体調を崩してしまったので、子供の運動会や参観日のあとは  3日~1週間程度も動けなくなる時もあり、本当に幼稚園行事や学校行事が苦痛で苦痛で仕方なく、本当に毎回悩みの種でした。運動会なんかなくなればいい って本気で思っていましたし、そんな自分は母親に向いてないタイプなのかな、なんて思って落ち込んだこともありました。

それだけ心も体もつらかった日々は、とても長く長く続き、ちょっと頑張っては動けなくなり死んだように眠る・・・を繰り返していました。

 

人と自分のエネルギーの境目が薄く、人のエネルギーと共鳴しやすいこと、人の痛みを自分の痛みとしてガッツリ共鳴しつつ話を聞いてしまう・・自分のなかにすぐに入れてしまう癖もあったので・・(これはいまだに抜けきらない  > < )、

 

そういう人は自分を守るために「人は人」「自分は自分」と自分に言い聞かせて線引きを敢えてするのもコツのひとつかと思います。優しさも「優し過ぎる」と自分の身にはダメージとなってしまいます。バランスですね。

学校の道徳などでも、人には優しく、相手の身になって考える、と昔から習ってきたせいか、自分を置いてでも相手の気持ちを優先することがいつしか美徳のようになってしまっていたけれど、自分の気持ちを満たしてあげられるのは自分しかいない、と改めて気づいてからは、「自分の気持ち」を大切にするようになりました。

 

今にして思えば、だからといって 自分の気持ちを優先しすぎても それはそれでどこか違う・・・誰かの気持ちを優先しすぎても苦しくなる・・・どっちに偏っても なにかしら不調和や違和感が残る気がします。

 

完璧や正解なんてないのだから いろんな日があっていい・・・くらいのゆとりのある気持ちで、まずは自分を優先してみたり、そうかと思えば家族サービスデーを作って家族を大切にする時間を持ってみたり、いろいろやったらいいと思いますが、どれもバランス・・・と今となっては、そう思います。

 


f:id:earth8888nana:20180424235826j:image

 

最近はよく「まずは自分から」なんて言葉も目に耳にするけれど、自分を優先しすぎても、ふとした時に生じる家族との違和感や不協和音もあると思うので、無理せずいろんなパターンがあっていいと思うこと、

 

ぼちぼちいこ~ 

いろんな日があるさ~

なんくるないさ~ ☆

 

・・・くらいの「余裕」と「今を楽しむ気持ち」があると自分を追い込まなくてすむかもしれないですね。

まぁつらい時は、それができないから苦労するわけなんですが、それも 引きで見ると深い意味があるのがいつかわかる時がくる、ということになっていくのだと思います。

精神性の成長とともに、時の流れとともに。

 

 


f:id:earth8888nana:20180425002309j:image

 

私が最悪の体調を長く引きずることになるまでには、出産と重なって家族の問題を含むいろいろな出来事があって。

そんななかで どんどん自分を追い込んだり責めたりもしたし、本当にいろんな事が次から次へと起こりました。

そんななかで、思考パターン的には罪悪感と自己犠牲で自分を弱らせるパターンをやっていたのだと思うのですが、当時はもう とにかく必死でやってましたし、今より視点も広くなかったですね。

長男が小さかった頃は特にいろいろあったので心身ともに参ってしまっていましたから、本当に本当に一日 自分の心と体を維持するだけで精一杯、余裕なさすぎる・・・というような日々でした。

自分が枯渇しているのに、子育てに全力でエネルギーを使わなければならない状況にあったので、あの頃の自分は本当によく頑張っていたと思います。

いま思い出しても大変だなって、もう同じことをやれと言われても無理だし嫌です☆

 

 
f:id:earth8888nana:20180424235658j:image

《散歩で見たいつかの空》

 

 ♪。.:*・゜

 

 

今にして思えば、長男を出産してから10数年が本当に大変な時期でした。

そのどん底の気持ちを味わったことが、結果的にはウスイレイキをはじめとするいろいろなレイキを受けることへと繋がっていくので、まさに「あの経験は無駄じゃなかった」と思えるし、あの時の「弱さを強みに変えていけた」んじゃないかと思っています。

経験は宝、人生何が転じるかわからない、という経験は何度もしていますが、これもまさにそれだと思います。

なにひとつとして無駄な経験などないし、自分の魂が「やりたかったからやった」んだと思います。

そこから掴み取る「何か」は、本人の決意とやる気にかかっている。

「必ず乗り越える」という強い決意があれば、必ず道は切り拓けるし、サポートもつきます。

 まずは、「決める」こと。

「必ず切り拓く」と決めることで、いつの間にか通ったところが道となり、その先もうっすらと見えてくることになっていきます。

そうなると決めて、信じる。

 

 

それだけで、

見えないエネルギーは動き始めます。

 

 

 


f:id:earth8888nana:20180425010442j:image

 

 

 

♪。.:*・゜

 

 

今回は、私のことで区切ります。

次は 前記事に書いた「Kちゃん」についてのヒーリングやレイキ伝授から、エピソードや感じたことなど少し書いてみようかと思います。

 

 


f:id:earth8888nana:20180425005833j:image

 

 ウスイレイキをはじめとする各種レイキ伝授・講座・ヒーリングセッションなど行っています、nana と申します。

 

ご縁をありがとうございます。

よろしくお願いします。

 

 

【HP】rainbow earth garden ~光の庭~