rainbow earth garden ~光の庭~ free ໒꒱· ゚ 

私たちは一人一人が光・色とりどりの虹色の地球へ

エネルギーの境界線④ ・・・思考はツール・自分をメンテナンスする意識

 

 

 

 

は!しまった!

下書きの途中でアップしてしまいました。

 

気を取り直して、前半には加筆修正をかなり加えながら、後半部分の更新を試みたいと思います。

手がうっかり公開ボタンを押して数時間放置してしまいましたが、ドンマイ自分!です。

思いがけず遭遇して読んでしまった方は、笑って読み飛ばしてくださったことと思います。ありがとうございます!失礼しました💦

 

 

 

 

今回のブログは3回に渡って自分のエネルギーの境界線・自分とは何かという視点で、自分の意識に焦点をあてて書きました。今回と次回でおそらくラスト(?)の予定ですが、またこのテーマについて感じることがあれば、このブログで今後も時々書いていきます。

 

そして今回は、「エネルギーの境界線」と「自分とは何か」について感じていた日々の中で私が感じたことを、メッセージ的にいくつか残しておきたいと思います。

 

 

 

 

①思考している自分に気づいても大丈夫

昨日は、ウスイレイキ伝授の日でした。

3rdディグリー。つまり最後のマスターシンボルを伝授する日でした。

この方とも不思議なご縁を感じるというか、話しながらお互い涙するシーンも何度もありつつ、感動と感激で終始するような、不思議で尚且つどこか懐かしさを感じさせるようなレイキ伝授となりました。

 

この方もこのブログを読んでくださっていて、今回の「エネルギーの境界線」についても話をしました。彼女が感じていることや置かれている状況などが話しながら情報が感覚的に入ってくる感覚になり、レイキ伝授から次第にセッションのようになりつつアドバイスさせていただきました。(私のレイキ伝授ではよくあります。)

 

彼女は「自分はよく思考するので、思考が自分じゃないと知って驚いたし、自分の思考に気をつけようと思いました。また、レイキ伝授を受けてからはネガティブな思考に浸る癖が抜けました。」と仰っていました。

 

レイキ伝授をきっかけにネガティブなエネルギーに浸る癖から抜けられたのは、波動帯が変わったためと思われます。

こうしたことが起こりやすいのは、意図的にエネルギー回路を開くことで、自分の意識を超えた領域での働きかけが起こるためです。

そういったサプライズ的なミラクルや喜びが起こりやすいのがレイキ伝授で、そのため私はレイキ伝授をおすすめしています。

レイキを使う、ということ以前に、アチューンメントを受けることで既に変化変容は始まっているのです。

レイキ伝授は、意図的に波動帯が上がるため自分では予期せぬような変化変容が起こることも少なくないということです。

 

そして、ここでお伝えしたいのは、思考が自分ではないのだから思考に気をつけなくては!と意識するあまり、思考している自分に気がついた時に「やっぱり思考してた。自分はダメだな」という反省型には陥らなくていいということです。

 

思考はツール

人間である以上、思考から完全に切り離すことは難しいと思います。ならば、どうするか。思考は自分ではないのだと自分で確信したならば、思考に重きを置かないようにすればいいということであり、思考はあくまでも「ツール」として上手くつき合っていく、という事だと思います。

 

 

思考ではなく、ハートの感覚へ

思考している癖が抜けなくても、そんな自分を責めなくてよくて、ただ、迷った時などには、選択の基準を「思考」(頭)から、「ハートの感覚」へと移行してみてください。

それを選んだら自分のハートはどんな感じがするか。その胸の広がる度合いが本当の自分が望んでいる感覚を知るサインです。

迷ったらハートの感覚を感じることを忘れずにいてくださいね。それが、思考ではなくハートの感覚で生きる、ということです。

 

 

 

今回のレイキ伝授のこの方のように、優しくて、尚且つ人の感情が入ってくる人は、優先順位を自分よりも相手に置いてしまいがちではないでしょうか。

自分がいいのならそれでいいのですが、残る余韻の中に疲れや違和感や疑問が残る時は、相手にエネルギーを必要以上に明け渡していると考えてみてもいいかもしれません。

そして、それが続くとどうなるか?

 

それは、前回の記事に書いた通り、自分が疲弊して「本当の自分が望むもの・こと」など、「本当の自分」を曇らせていくのです。

(詳しくは前記事をご覧ください。)

打開策には、個人差もあるでしょうが、自分の内側を満たす意識を持つだけでも、少し変わってくるかもしれません。

(個人的にヒーリングセッションやレイキ伝授などを通してその話題になった際には個人的にお話しさせていただきます。)

 

 

 

 

②ノイズを減らす意識で日々実験

このブログを書きながら、私は自分に対してある実験をしていました。それはなるべく「ノイズ」を減らす意識で日常を生きる、ということです。(ノイズについては前記事をご覧いただいている前提で話を進めます。)

日常生活において、よほどの引きこもり生活でもしない限り、ノイズをなくして生きるのは難しいと思います。

もし、本当に引きこもり生活をしていても、ネット検索などしていれば、それは十分ノイズになりうるでしょうし、部屋に一人でこもっていても誰かが飛ばした意識の電波は無意識にキャッチしているでしょうから、完全には無理かもしれません。

ですが、「少しでもノイズを減らして生きる」意識を決めたならそこにチャンネル設定したことになり、これまでよりはノイズを減らして生きる選択をする方向へとエネルギーは動き始めていると思います。

 

私は、なるべく「自分のエネルギー」が知りたかったからノイズを減らす生活を意識しました。人に連絡するのも極力控え、その内容も減らし、雑談は控え(笑、ストイックに聞こえるかもですが、できる範囲のほどほど程度で自分が続けられる程度のゆるい感じ)、外からの影響をなるべく減らす意識をしました。

 

そうは言っても!

実は、外は減らせても、最大の壁は家の中。

子供たちと家族が課題です。彼らは同じ家に暮らす人々ですから、一番私のエネルギー領域に密接に濃厚に絡んでいます。

まして、二人の子供たちは、それぞれの理由でほぼ家にいる(!)のです。

子供たちのことは可愛いし心から愛していますが、一人になりたい時も家にいるので、私からすれば最大の難関は家族とのバランスなのです。

 

これについては、現在進行中の課題であり、持ち越し案件だと思いますが、気づいたこともありました。

必要なアイデアはちゃんと降りてくる、ということ。降りてくる「チャンスを待つ」ということ。

一人の時間がない、という状況が長く続けば続く程、実はかなり辛くなります。繊細な人はみなそうだと思います。

ですが、すべては決して問題ではなく、それらはすべて順調なのだから、楽しく実験を重ねながら日々を過ごすべし!ということを自分に言い聞かせながら、自分で自分に実験を試みて試行錯誤する日々。

これはきっといつか、誰かにも活きるのだと思いながら。

 

 

 

 


f:id:earth8888nana:20190424102653j:image

 

 

 

 

③自分のエネルギーフィールドは自分自身

ここまで①~④を読んでいただいたならおわかりの通り、自分で自分を日々メンテナンスする、という意識は大切です。

 

自分のエネルギーフィールドは自分の意識の反映です。どんなに様々なツールやヒーリングなどの技術的なツールを使って自分を守ろうとしても、自分の意識が今のままだと同じ周波数が引き合うため現状は程度の差こそあれ大して変わりません。

だからこそ、前記事で前述の通り自分の周波数を整えて高めていく意識が必要なのだと書きました。

そこを切り離して自分のエネルギーフィールドを守ろうとしても、ある意味元の木阿弥です。

私がレイキ伝授を伝えているのは、波動を整えて上げることについて、わかりやすくやりやすく、人に伝えやすいから。自分を整え高めるにはとてもいいと感じています。

 

そして、レイキを学んでないけれどどうしたらいいの?という方は、アファメーションやホ・オポノポノなども有効です。

 

 

アファメーション

「自分のエネルギーフィールドの調和を保ちます。」

「自分のエネルギーフィールドは愛と光で満たされ調和が取れています。」

など、アファメーションを感謝とともに気がついたら唱えるようにしてみてください。

 

できるならば レイキを使って、レイキとアファメーションを組み合わせる方がより手応えがありつつわかりやすいと思いますので、レイキが使える方は併せてお試しください。

(例えば第四シンボルを全身に浴びながらアファメーションするなど)

 

ホ・オポノポノ

私の個人的な感覚かもしれませんが、ホ・オポノポノは目の前の見ている世界を癒したい、世界を変えたい、という意識で唱えるよりは、世界をそう見ている自分の内側を整える感覚で使うのがいいと思います。

つまり、ホ・オポノポノすると結果が出るんでしょ?と、結果や成果を求めて唱えるよりは、自分の内側を感謝と愛で満たすような感覚でただ無心で唱える。

そこに「求める意識」はいらないということです。ホ・オポノポノを数ヶ月唱えていた時期がありますが、やってみて思ったのは、ホ・オポノポノは自分のエネルギーフィールドをクリアリングするのに有効な手段だということ。

問題は目の前にはなく、それを問題だと見ている自分の意識にクリアリングをする、という視点でホ・オポノポノは有効だと思います。

 

ホ・オポノポノはただ無心で。

といわれているのはそこにあるのかも、なんて思うのです。なにかを求め始めると、その瞬間から違うエネルギーが働きますから。

 

自分のエネルギーフィールドの歪みを放置し続けると、肉体の痛みとして現れ始めます。

無理なく楽しんでメンテナンスする知識やテクニックが少しでも身についていると楽なので、今回はアファメーションとホ・オポノポノとレイキをお伝えしてみました。

 

散歩や登山、好きなことをする

自分の好きなことをしている時、波動は上がっています。だからこそ「あなたの好きなことはなんですか?」という話になるんですね。そして、それがわからない方は前記事のノイズの辺りを中心に御一読ください。

私の場合は散歩や登山は、大いに自分のクリアリングに役立っています。写真も。

撮っているだけで無心になり、幸せな気持ちになります。

あなたの好きなことはなんですか?

「好き」をただ、無心で追求したいですね!

 

 

 

 

自分がいいと思うやり方で。

自分にとって「心地いい」と感じるやり方を見つけるのもひとつです。

情報は沢山溢れているし、可能性も選択も自由です。

自分がスーッとする感覚になる、軽くなる、無心になれるなど、クリアリングできていると感じるならば自由に選択してみるといいと思います!

 

 

 


f:id:earth8888nana:20190424102830j:image

ずっと握りしめていたもの ~正しさの行方~ | rainbow earth garden ~光の庭~ 〈光の道を紡ぐ旅〉

 

先日、リトライ登山の写真をアメブロに載せました。

自分が握りしてめていた正しさは、いつしか正義感となり、対局にある「間違い」を生んでしまう。それは大きくなれば争いとなるでしょうから、偏った正しさを握りしめることの虚しさを最近しみじみと感じていて。

わかっていながらもバランスには偏りがあった部分をニュートラルに、フラットに。

愛で溶かすような、そんな感覚になれた気がしています。

 

 

やっぱり世界は優しく美しい

それは、自分の心の中に

 

最初からあるからこそ

それを思い出した瞬間

人は喜びで満たされるのだろうと

思うのです。

 

 

 

 

 

◇HP◇

rainbow earth garden ~光の庭~